2010年2月23日 (火)

新型プリウスの印象

Photo我が家にようやくプリウスが納車された。普通は新車を購入すると「いいねえ!」みたいな反応が周囲からあるものだが、今回のプリウスでは全く違った。皆さん判で押したように「ブレーキ大丈夫なの?」という反応なのである。

こちらも「車何買ったの?」と言われたら「今、世間を騒がしている車です。」と自嘲気味に応えることにしている。すると、「あ、わかった。プリウス!」となるのでもう笑うしかない。プリウスはトヨタの技術の象徴のような車だったのが、危険な車の代表のようなイメージになってしまったのは残念でならない。

トヨタ問題はアメリカでは議会まで乗り出してきて、さらに悪いほうに広がりそうである。ディーラーからの説明によると、私の車は1月製造分でリコール対象ではなかったようである。

納車日の夜、さっそく運転をしてみた。プリウスはご存知のようにハイブリッドカーなのでスタートの仕方は独特で説明を聞かないと動かせない。車から降りるときも今までの車のようにはいかない。まあこの辺は慣れの問題だと思う。

この日は寒かったのでスタートボタンを押すとエンジンもかかった。走りだしてしばらくすると交差点の赤信号で停車したのだが、急にエンジンが止まって車内が静まり返った。もちろんアイドリングストップは知識としては知っていたのだが、これで本当に動くのだろうかとちょっと心配になったのだ。ETCを取り付けて初めてゲートに入るときのような気持ちである。信号が青になり、アクセルを踏むと車は無事にモーターだけで音もなく走り出した。

このモーターからスタートしたときの感覚は独特でプリウスならでは。このときは新しい時代の車に乗っているということが実感できて楽しい。この感覚は何かに似ていると思った。電車の加速である。しかも出足はもっさりとしていて、前の車が軽四でも簡単に置いていかれるのだ。ところがこの車を運転していると、スピードを出したいとは思わなくなるから不思議だ。

問題のブレーキに関してはやはり神経質にならざるを得ないが、どちらかというと効きすぎるぐらいになっている。いわゆるカックンブレーキになりやすく、急に運転が下手になったように感じる。

操縦性は良くも悪くもトヨタ車だ。スタイルや駆動は最新になっているが、操縦性だけは昔のままであると思った。カーブは50キロまでのスピードなら大丈夫だが、それ以上になるとハンドリングがグニャグニャで怖くなる。ハンドルの軸の一部がゴムで出来ているのかと思いたくなるような感覚である。

プリウスは運転を楽しむような車ではないので、まあこんなものと納得している。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年2月12日 (金)

新型プリウス納車

Photo_2ブレーキ問題で世間を騒がしている新型プリウスがもうすぐ我が家にやってきます。2009年6月中旬に契約してから実に8ヶ月近く待ちました。

リコールの件ですが、やはりと言うか私の車も対象になっていました。もちろん対策済みでの納車になります。この問題に関していろいろ調べた結果、自分では納得をしていますが、実際に運転する時はブレーキに必要以上の意識がいくことになるでしょう。

自動車にとって安全であることは何よりも大切なことです。前の車のポロは窓落ちやドアのゴムパッキング不良など、日本車では考えられないようなところの不具合があって嫌になったが、トヨタにおける一連の不具合はアクセルとブレーキという安全に直結する箇所の問題だけに大きな問題となってしまったようです。トヨタは日本を代表する企業ですからこの危機を乗り越えて頑張っていただきたいです。

正直に言って、新車の納車としては最悪のタイミングとなり、喜びも半減となりましたが、大切に乗ってあげようと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

新型プリウス

Photo 新型プリウスが大人気だという。年末に妻の車が買い替えの時期を迎えるので、プリウスのショールームへ行ってきた。

正直言って、これまでトヨタ車は好きではなかった。車を選ぶ基準は人それぞれだと思うが、私の場合はその車にときめくかどうかで決めてきた。デザインであったり、その車のコンセプトであったり、開発の歴史など、ときめくところが結構ばらばらだったので、他人からは選んだ車に節操が無いように見えたと思う。

ところが、これまで一度もトヨタの車にときめいたことはなかった。しかし、今回のプリウスは違った。新型が出るとわかってから、何か違うときめきの予感があった。それは未来へのときめきみたいなもの。この車に乗ったら新しい世界が開かれるのではないかという、そんなイメージだろうか。

この車にかなり長い時間試乗させてもらったのだが、これまで自分が車に対して持っていた価値観が変わってしまいそうになった。エンジンの気持ちよさとか、加速タイムや最高速、操縦性や乗り味なんてどうでもいいと思わせるものがある。ガソリンエンジンが完全に黒子になっているのに運転して楽しいのだ。試乗を終えたときには、このエコなイメージのプリウスがかっこいいとさえ思うようになっていた。

昨日、この車をオーダーした。注文したのは下から2番目のSグレード。走りにこだわらなければこれで十分な装備が付いている。内装色はすごく迷ったが、アクアにした。この色の方がプリウスのイメージに合っていると判断した。

納車は何と1月末頃になるという。もちろんエコ減税も大きな後押しになっているが、それにしてもすごい人気である。

私の唯一の不満はこの人気にある。あと1年もしないうちに周りがプリウスだらけになるのは間違いない。プリウスが昔のカローラのような存在になるのかもしれない。ボディカラーはホワイトとシルバーで7割以上を占めているという。せめて色だけでも埋没しないようにと私たちはレッドマイカをチョイスした。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年5月25日 (月)

新型インフルエンザ

Photo播磨自然高原が新緑の季節を迎えた。緑あふれる景色は心が安らぎ、いくら見ていても飽きない。

そんな時期に新型インフルエンザがやってきて、姫路も全ての学校が一週間休校になってしまった。6歳になる娘は最初こそ喜んでいたが、一日中家の中にいることに飽きてしまったようだった。だからといって友達と一緒に遊ぶことも出来ない。そこで、一泊の予定で別荘に出かけた。ここには私たち以外に誰もいないので、犬と一緒に一日中外で遊びまわった。

それは楽しい一日だったが、姫路に戻った途端、たくさんの人がマスクを着用しているのを見て、今起こっている現実にすぐに引き戻された。今日から学校が再開されたが、早く普通の生活ができることを願わずにはいられない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

パソコンの故障

2月のある日、いつものようにパソコンのスイッチを押しても全く立ち上がらなくなってしまった。仕事も忙しかったこともあってなかなか修理にも出せず、先日、ようやく戻ってきた。サービス明細書に原因はヒートシンクの故障と書いてあった。返ってくるまでのブランクは約1ヶ月にもなっていた。その間、パソコンのある生活から離れたことでちょっと良かったこと、やはり不便だと感じたこと色々だった。

ちょっと良かったことは早寝早起きになったこと。そのおかげかどうかわからないが、この前会社で健康診断があり、視力検査の結果が大変良かったのだ。検査をしてくれた女性がこれまでのデータを見ながら不思議そうな顔をしていた。不便だったこともたくさんあった。私もコミュニケーションの手段としてメールは欠かせないものになっていた。これでたくさんの方と知り合うことが出来たのだ。だから、メールで連絡や情報交換できないのには本当に困ったし、ちょっと寂しかった。

Photo天体現象では、ルーリン彗星がこんなに明るく尾を伸ばしているとは思わなかった。知っていたらどんなに忙しくても撮影に行ったのに…残念。

10年ほど前なら情報源は本や新聞、テレビ、電話だったのが、今ではネットになっていることに改めて気付いた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

目の老化

50歳を過ぎたあたりから小さな文字が読みづらくなってきた。特に疲れたときや薄暗い場所では、いくら目を凝らしてもピントが合わないのでイライラする。疲れ目?それとも…、やっぱり老眼?!それまでの私はというと視力には自信があり、遠くも近くも良く見えるのでまだ眼鏡をかけたことがない。目がいいのは星を見ているからとか言って、家族には星を見に行くための口実に使っていたぐらいだ。しかし、老化は生物である限りは避けて通れないことだ。私もこれからは加速度的にいろいろな老化を受け入れていくことになるのだろう。Photo_2

中学生の女の子に40センチ望遠鏡でオリオン大星雲を見せたときのことだった。私が何気なく「何色に見える?」とたずねたところ、接眼鏡を覗いていた女の子は即座に「緑色に見える」と答えたのでちょっとショックを受けた。本の観望記を読むと、大口径ではこの星雲は緑色やピンクに見えると確かに書いてあるが、私はどんなに眼を凝らしても白黒にしか感じないのである。網膜もやはり老化していくのだろうか。眼視にこだわる私にとってこれは無視できないことである。

若いときを思い出すと、6.5センチの小さな望遠鏡で見たオリオン大星雲や二重星団は今よりもっとよく見えたイメージを持っている。もちろん空の暗さ、透明度、シーイングなど条件が全て違うから一概に断定は出来ない。もしかしたら、そのときの印象を長年の間に美化していることだってある。

自分の若いときなら40センチでオリオン大星雲がどう見えていたかはちょっと気になっている。

Photo

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

第一次石油ショック

50歳以上の方なら第一次石油ショックのことをよく覚えておられるだろう。70年代に中東危機から日本にいきなり石油が入らない状況になった。当時中学生だった私が印象に残っているのは「トイレットペーパー騒ぎ」だ。なぜか店頭からトイレットペーパーがなくなり、みんな店に並んで一生懸命買い集めた。政府は十分にありますから慌てないようにと呼びかけていた。テレビは省エネのために午前0時ですべて打ち切りとなり、東京タワーのライトアップやネオンも早々と消されたように記憶している。あれから石油の備蓄が始まり、石油だけに頼るエネルギー政策も見直されたように思う。

今回の原油高騰は金余りによるファンドが原因といわれているが、もうすぐ原油が枯渇するという思惑があるからだろう。

そのように考えると、あの石油ショックの状況よりもっと問題は深刻だと思うが70年代と比べて全国的な省エネの動きはあまりないように思う。地球温暖化もそうかもしれないが、環境が少しずつ変わっていくと私たちはそれに慣れてしまって危機感を感じない。しかし、急に価格が3倍になったとか、気温が10度も上がったとすると誰もがこれは大変だ、すぐに手を打とうとするだろう。地球が「煮蛙」になってしまうのが怖い。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

ガソリン高と星空

ガソリンが本当に高くなってしまった。私の車は70リットル入るのPhoto_2で満タンにすると12,000円を超えるようになった。渡された伝票を見るたびにびっくりしている。しかも今日(71)からまた10円ほど上がるというからたまらない。皆さんはどんな対策をされているのだろうか。

私の場合、まずは車であてもなく出かけてみるようなことはなくなった。さらに、出かけるときは燃費を意識した運転を心がけるようになった。回り道せずに最短距離で行くようになっている。もちろん、買い物は出来るだけ近くで済ませるようになった。これぐらいのことは誰でもやっていることだろう。実際、最近は通勤時間にバイクや自転車に乗っているサラリーマンが多くなった気がしている。

しかし、悪いことばかりではないのかもしれない。これだけ原油が高くなると電気代も値上がりするだろう。天文ファンの悩みは都市光がもたらす光害だ。空に向かって照射された光や漏れ出ている光が星の輝きをかき消しているのだ。この無駄とも思える光を無くして下だけを照らすようにするだけで空はかなり暗くなると思う。

30年前は今から考えると空は暗かった。そのときと比べると人口はちょっと増えただけなのに光害は明らかにひどくなっている。郊外に大型店や24時間営業のコンビニが増えたこと、防犯対策で街路灯がどんどん増えていることが一番大きな原因ではないだろうか。だから夜半を過ぎても最近はそんなに暗くならない。近い将来、企業は省エネだけでなく二酸化炭素排出問題でもこうした施設の夜間照明まで見直す機運が高まるかもしれないと思っている。それでも車で郊外に出かけなければならない天文ファンにとって、ガソリンが高くなるほど空は暗くなるというPhotoのは痛し痒しである。

| | コメント (12) | トラックバック (0)