« 2010年3月 | トップページ

2010年6月15日 (火)

2つのマクノート彗星

マクノート彗星(C/2009R1)がかなり明るくなっているということで、2日続けて観望と撮影をしてきた。

9日は入梅前の絶好の天気だった。この時期にしては透明度も良かったので、マクノート彗星が見やすくなる明け方まで夏の星雲星団を40cmで観望をした。これまでに主な天体は何度も見てきているので、暗くて見たことのない天体を中心に観望していった。うしかい座からへびつかい座、はくちょう座にかけては10等から12等クラスの系外や惑星状星雲がけっこうあるのだが、それらが黒い夜空をバックに面白いように見えた。大口径といってもやはり空の透明度に大きく左右されることを改めて実感した。

一つ目のマクノート彗星(C/2009K5)は北極星のちょっと下あたりにあるのでとりあえず撮影してみた。

本命のマクノート  は午前3時には薄明が始まるので慌てて撮影することになった。200ミリ程度のレンズでは頭部の詳細が分からないが、彗星特有の色は良く分かる。画像処理をしてみると尾はかなり長いことがわかった。もう少し露出をして画像を重ねるともっといいのかもしれない。

彗星の写りに気をよくして、翌日は仕事があるにもかかわらず、彗星だけを撮影するために夜中から出かけた。この日は透明度がかなり悪く、撮影準備を終えても天体を観望する気にもならず、撮影開始予定の230分ごろまでテレビで時間を費やすことにした。しかしこれが悪く、うたた寝をしてしまい、目が覚めたときは3時を過ぎていた。たっぷりと露出をして長い尾を撮影してやろうと目論んでいたのに、薄明の中、逆に短い露出でシャッターを切るしかなかったのが悔やまれる。

Photo_3 Photo_4 2_5

| | コメント (35) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ