« 新型プリウス納車 | トップページ | P.S.T.で見る太陽 »

2010年2月23日 (火)

新型プリウスの印象

Photo我が家にようやくプリウスが納車された。普通は新車を購入すると「いいねえ!」みたいな反応が周囲からあるものだが、今回のプリウスでは全く違った。皆さん判で押したように「ブレーキ大丈夫なの?」という反応なのである。

こちらも「車何買ったの?」と言われたら「今、世間を騒がしている車です。」と自嘲気味に応えることにしている。すると、「あ、わかった。プリウス!」となるのでもう笑うしかない。プリウスはトヨタの技術の象徴のような車だったのが、危険な車の代表のようなイメージになってしまったのは残念でならない。

トヨタ問題はアメリカでは議会まで乗り出してきて、さらに悪いほうに広がりそうである。ディーラーからの説明によると、私の車は1月製造分でリコール対象ではなかったようである。

納車日の夜、さっそく運転をしてみた。プリウスはご存知のようにハイブリッドカーなのでスタートの仕方は独特で説明を聞かないと動かせない。車から降りるときも今までの車のようにはいかない。まあこの辺は慣れの問題だと思う。

この日は寒かったのでスタートボタンを押すとエンジンもかかった。走りだしてしばらくすると交差点の赤信号で停車したのだが、急にエンジンが止まって車内が静まり返った。もちろんアイドリングストップは知識としては知っていたのだが、これで本当に動くのだろうかとちょっと心配になったのだ。ETCを取り付けて初めてゲートに入るときのような気持ちである。信号が青になり、アクセルを踏むと車は無事にモーターだけで音もなく走り出した。

このモーターからスタートしたときの感覚は独特でプリウスならでは。このときは新しい時代の車に乗っているということが実感できて楽しい。この感覚は何かに似ていると思った。電車の加速である。しかも出足はもっさりとしていて、前の車が軽四でも簡単に置いていかれるのだ。ところがこの車を運転していると、スピードを出したいとは思わなくなるから不思議だ。

問題のブレーキに関してはやはり神経質にならざるを得ないが、どちらかというと効きすぎるぐらいになっている。いわゆるカックンブレーキになりやすく、急に運転が下手になったように感じる。

操縦性は良くも悪くもトヨタ車だ。スタイルや駆動は最新になっているが、操縦性だけは昔のままであると思った。カーブは50キロまでのスピードなら大丈夫だが、それ以上になるとハンドリングがグニャグニャで怖くなる。ハンドルの軸の一部がゴムで出来ているのかと思いたくなるような感覚である。

プリウスは運転を楽しむような車ではないので、まあこんなものと納得している。

|

« 新型プリウス納車 | トップページ | P.S.T.で見る太陽 »

コメント

私の知人が、リコール前のブレーキ制御プログラムのに乗っていて、今回プログラム書き換え。彼によると、以前はギリギリまで回生ブレーキで最後に油圧が効くという様なフィーリングだったのが、更新プログラム以降、がっちり油圧で効かせます、って感じになったとの感想。
トヨタの言うフィーリングの問題というのは、確かにそうなのだろうという感じを持っているそうです。昔の車とは、感覚が大分違う作りだったのでしょうね。それぞ新世代なのでしょう。でも昔の車に慣れた人間がそれに慣れにくいのでしょう。最初から新しいフィーリングの車に乗り始めた人は何にも問題ないのでしょうね。

投稿: いわ | 2010年2月24日 (水) 10時38分

いわさん、こんにちは
リコール対策前のプリウスは試乗のときしか経験がないのでよくわかりませんが、プリウスのブレーキに関して、私はそんなに違和感は感じませんでした。
これまで自分が乗ってきた車はどちらかと言うと踏み込まないとブレーキがきかないタイプでした。軽いタッチでブレーキがきいてしまうところを除けば、その後のタッチは油圧そのものといった感覚になっていました。その点でいわさんの知人と同じ意見ですね。
昔の車のことを考えるとブレーキは進歩していますが、やはり車間距離を十分にとる、いざと言うときの心構え(ブレーキを踏みなおす)が基本かと思います。

投稿: カノープス | 2010年2月24日 (水) 15時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型プリウスの印象:

» 気の利いた運転技術を身につける [気の利いた運転技術を身につける]
気の利いた運転技術を身につけるブログです [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 21時05分

« 新型プリウス納車 | トップページ | P.S.T.で見る太陽 »