« マツモト式正立ミラー(銀ミラー仕様) | トップページ | 新型プリウス納車 »

2010年2月 5日 (金)

EMS(銀ミラー仕様)レポート

昨夜、これまで使っていた天頂ミラー(ミードUHC仕様)EMS(銀ミラー仕様)を実際の天体で見比べてみました。望遠鏡の口径は40センチ、アイピースはナグラー26ミリで倍率は155倍である。

当日は強烈な寒波が日本列島に流れ込んでいて、ここ播磨自然高原でもときおり雪雲が通過するような天気だったが透明度は良かった。

最初に視野に入れたのはM42。観望記などを読むと、M42は大口径では淡いグリーンやピンク色に見えると書いてある。私はどう頑張っても白黒にしか見えない 。個人差や年齢からくる網膜の老化もあるかもしれないが、この星雲が銀ミラーでどのように見えるかは大変興味があったのだ。

まずはこれまでの天頂ミラーで約30分間観望した。スケッチを取りながら見え方などをメモし、頭の中にイメージを焼き付けるようにした。次に松本式ミラーで同じように時間をかけて星雲をスケッチしていった。

結果はどちらも甲乙付けがたしといったところだった。最後は特徴的な星域を選んで何度も取り替えながら見比べたが、暗い恒星はどちらも切れ味鋭く同じように見えていた。トラペジウム付近のガスのディテールも変わらない印象だった。残念ながら銀ミラーになっても色は感じられなかった。

次に視野に入れた天体はしし座にあるNGC3190付近の銀河群。あのパロマ天体写真集で有名な領域である。このあたりの系外は1113等で、眼視では私の望遠鏡の限界に近い天体になる。時折うす雲が通過していく条件だったので断定的なことは言えないが、松本式ミラーの方が少し大きく見えて(NGC319Photo_703185)、暗い天体(NGC3187)まで確認できた。

特にNGC3187(13.4)は何度もそらし目をしてやっと存在がわかるという系外だったが、松本式ミラーの方だけ確認が出来た。

1回反射の天頂ミラー(99%の反射率を誇るミラー)2回反射のハンディがある松本式を見比べるというのはフェアではないが、私にとってはどちらがより明るく見えるかが大事であった。結果からみると、2回反射を感じさせない明るさが銀ミラーにはあるということが確認できたことは大変うれしいことだった。

もちろん正立のメリットも大きい。確認用の The Night Sky Observer's Guide」で天体の位置がここだと確信できると不思議と見えてくるのだ。

この松本式銀ミラーと出会ったばかりだけど、私の観望の楽しみを広げてくれるような気がしてワクワクしている。

これまでの常識を打ち破って正立ミラーを実用化し、さらには銀ミラー化にまで挑戦された松本さんに心 からの敬意を表したい。

|

« マツモト式正立ミラー(銀ミラー仕様) | トップページ | 新型プリウス納車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EMS(銀ミラー仕様)レポート:

« マツモト式正立ミラー(銀ミラー仕様) | トップページ | 新型プリウス納車 »