« 昨夜の月面観望 | トップページ | 振動 »

2009年11月25日 (水)

小さな望遠鏡の楽しさ

Photo大きな望遠鏡を使っていると、小さな望遠鏡ならではの良さがあることに気付いた。何がいいかというと、ちょっと星を見たいなと思ったらすぐに取り出せる手軽さがいい。しかも、いきなり出しても月や惑星がよく見えるというのは小さな望遠鏡の一番いいところ。これが10センチでは30分、15センチになると1時間は出したままにしておかないと筒内気流の影響でよく見えない。

自宅では7.6センチの屈折望遠鏡に双眼装置を付けて、月を観望するのにはまっている。見ようかなと思ったら、組み立てたままの望遠鏡をベランダに出すだけなので、毎日でも全然苦にならない。少しの晴れ間でも見ようと思うし、23分で片付けてしまうことだってある。軽くて小さいというのも立派な性能だと実感している。

また、小さな望遠鏡のほうが美しいと感じる天体もある。散開星団は大口径では大きく広がりすぎて面白くなくなる。月・惑星も小口径のほうが楽しいかもしれない。大口径で観望してもよく見える日なんてめったにない。

小さな望遠鏡で観望していると、大きな望遠鏡が欲しくなってくる。しかし、出し入れの大変さやシーイングの影響で見る機会は逆に減っていくように思う。

|

« 昨夜の月面観望 | トップページ | 振動 »

コメント

高性能な小口径屈折、これが究極かな?

投稿: かすてん | 2009年11月25日 (水) 21時56分

かすてんさん、こんばんは。
80ミリまでのアポ屈折は何かと便利だと思います。
最近、押入れからP型の鏡筒を引っ張り出してきました。取り付けられる赤道儀がないので、まだ天体は見ていませんが、最近の望遠鏡と比べるとどうなのか楽しみにしています。

投稿: カノープス | 2009年11月26日 (木) 10時54分

はじめてコメントさせていただきます。オークションで中古のプロントを入手しましたが、前オーナーの管理が悪くレンズはコーティング剥げバルサム剥がれのオンパレードでした。そこで、ボーグ71FLレンズを入手し遊馬製作所に依頼してセル内に組み込みました。鏡筒も8cmカット。これにイーソス13mm、エクスプロアーサイエンティフィック20mmを付けて観望しています。フローライトだけあって、星の色がとてもきれいです。高性能の短焦点屈折は本当に楽しいですね。

投稿: アルビレオ | 2011年2月10日 (木) 21時55分

最近近況を書いて下さらないので時々どうしてなのかなと気になっています。別荘の記事など楽しみにしていたのですが又色んな事書いてください。

投稿: | 2011年2月28日 (月) 20時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな望遠鏡の楽しさ:

« 昨夜の月面観望 | トップページ | 振動 »