« 秋のディープスカイ | トップページ | 小さな望遠鏡の楽しさ »

2009年10月29日 (木)

昨夜の月面観望

Photo久しぶりの書き込みになってしまいました。

昨日は好天に恵まれ、シーイングもかなり良い日になるだろうとこれまでの経験から判断していた。自宅に帰ると15センチオライオン反射と10センチミードETXをベランダに出しておいた。

食事を終えてすぐにベランダに上がり、試しに15センチ220倍で月を視野に入れ、ピントを合わせると、「オー」と思わず声が出そうなような月面の眺め。シーイングを10段階で8を付けてもいいくらいだ。像がぴたっと張り付いたまま動かない。年間に数日しかないようなシーイングにめぐり合えたのだ。

こんな日はいつも使っている望遠鏡とは思えないような素晴らしい月面を見せてくれる。じっと見つめているとどこまでも細かな地形が見えそうな気がした。

明け方には火星も観望した。火星はまだ7秒台なので、15センチで見てもかすかに白い極冠が見えているような気がする程度だったので、小望遠鏡ではまだまだかなと思った。ついでにと10センチに思い切って200倍を超える倍率で見ると、なんと白い極冠も模様も確認できるではないか。火星はすごく明るいので、口径の20倍を超える倍率にしたほうが良く見えることを改めて確認した。

今晩も昨夜と同じか、それ以上のシーイングが期待できそうだ。月惑星を高倍率で見るチャンスである。

|

« 秋のディープスカイ | トップページ | 小さな望遠鏡の楽しさ »

コメント

カノープスさん、2ヶ月ぶりですね。
この間お忙しかったでしょうか。
私の方は毎晩空を見上げてはおりましたが冴えない夜が多かったです。
火星はまだまだ小さいと感じておりましたが、10cm200倍で極冠がはっきり認められましたか。6.5cmではいつ頃から見えて来るか楽しみです。
カノープスさんは鈴木壽壽子さんの『星のふるさと』(1975)はリアルタイムでお読みになりましたか?しばらくは小接近の時期ではありますが、小口径での火星の見え方を追体験したいと思っています。

投稿: かすてん | 2009年10月30日 (金) 08時05分

かすてんさん、こんにちは。

>カノープスさん、2ヶ月ぶりですね。
>この間お忙しかったでしょうか。

いえいえ、ただの怠けです。(^-^;

>カノープスさんは鈴木壽壽子さんの『星のふるさと』
>(1975)はリアルタイムでお読みになりましたか?

知らなかったのですが、かすてんさんのブログで初めて知りました。6センチでしたでしょうか?昔のアクロマートで火星の模様をこんなに観察できていることに驚きました。
自分は望遠鏡の持っている能力を十分に引き出していないなと思いました。ミード10センチもこんなに見えるとは予想していなかったのです。私も努力していかなければ。

投稿: カノープス | 2009年10月31日 (土) 15時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜の月面観望:

« 秋のディープスカイ | トップページ | 小さな望遠鏡の楽しさ »