« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

昨夜の月面観望

Photo久しぶりの書き込みになってしまいました。

昨日は好天に恵まれ、シーイングもかなり良い日になるだろうとこれまでの経験から判断していた。自宅に帰ると15センチオライオン反射と10センチミードETXをベランダに出しておいた。

食事を終えてすぐにベランダに上がり、試しに15センチ220倍で月を視野に入れ、ピントを合わせると、「オー」と思わず声が出そうなような月面の眺め。シーイングを10段階で8を付けてもいいくらいだ。像がぴたっと張り付いたまま動かない。年間に数日しかないようなシーイングにめぐり合えたのだ。

こんな日はいつも使っている望遠鏡とは思えないような素晴らしい月面を見せてくれる。じっと見つめているとどこまでも細かな地形が見えそうな気がした。

明け方には火星も観望した。火星はまだ7秒台なので、15センチで見てもかすかに白い極冠が見えているような気がする程度だったので、小望遠鏡ではまだまだかなと思った。ついでにと10センチに思い切って200倍を超える倍率で見ると、なんと白い極冠も模様も確認できるではないか。火星はすごく明るいので、口径の20倍を超える倍率にしたほうが良く見えることを改めて確認した。

今晩も昨夜と同じか、それ以上のシーイングが期待できそうだ。月惑星を高倍率で見るチャンスである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »