2010年6月15日 (火)

2つのマクノート彗星

マクノート彗星(C/2009R1)がかなり明るくなっているということで、2日続けて観望と撮影をしてきた。

9日は入梅前の絶好の天気だった。この時期にしては透明度も良かったので、マクノート彗星が見やすくなる明け方まで夏の星雲星団を40cmで観望をした。これまでに主な天体は何度も見てきているので、暗くて見たことのない天体を中心に観望していった。うしかい座からへびつかい座、はくちょう座にかけては10等から12等クラスの系外や惑星状星雲がけっこうあるのだが、それらが黒い夜空をバックに面白いように見えた。大口径といってもやはり空の透明度に大きく左右されることを改めて実感した。

一つ目のマクノート彗星(C/2009K5)は北極星のちょっと下あたりにあるのでとりあえず撮影してみた。

本命のマクノート  は午前3時には薄明が始まるので慌てて撮影することになった。200ミリ程度のレンズでは頭部の詳細が分からないが、彗星特有の色は良く分かる。画像処理をしてみると尾はかなり長いことがわかった。もう少し露出をして画像を重ねるともっといいのかもしれない。

彗星の写りに気をよくして、翌日は仕事があるにもかかわらず、彗星だけを撮影するために夜中から出かけた。この日は透明度がかなり悪く、撮影準備を終えても天体を観望する気にもならず、撮影開始予定の230分ごろまでテレビで時間を費やすことにした。しかしこれが悪く、うたた寝をしてしまい、目が覚めたときは3時を過ぎていた。たっぷりと露出をして長い尾を撮影してやろうと目論んでいたのに、薄明の中、逆に短い露出でシャッターを切るしかなかったのが悔やまれる。

Photo_3 Photo_4 2_5

| | コメント (35) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

P.S.T.で見る太陽

Photo_2 私がネットでチェックしている中にSOHOによる太陽画像がある。

星空を見ているだけでは大した変化がないように思えるが、ここに映し出される太陽は毎日すごく変化しているのがわかるのだ。最近も(312日だったと思う)3個の彗星が太陽に向かって次々と突入していく様子が動画や画像でアップされていた。

ご存知のように、太陽活動は静穏期の状態が異常に長く続いたようだが、ここにきてようやく活動期に入ってきたようだ。

昨日は気持ちのよい天気だった。いつものようにP.S.T.で太陽を導入すると、大きなプロミネンスが現れていた。詳しく見ていくと、表面にうじゃうじゃとプロミネンスが見えているではないか。こんなに見えるのは久しぶりである。

そこでめったにしないスケッチをすることにした。しばらくすると1056黒点群付近が急に明るくなった。どうやら小さなフレア現象が起こったようだ。5分ほどで元の明るさになったが、スケールからするとものすごい規模である。

太陽から目が離せない時期が来たようだ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

新型プリウスの印象

Photo我が家にようやくプリウスが納車された。普通は新車を購入すると「いいねえ!」みたいな反応が周囲からあるものだが、今回のプリウスでは全く違った。皆さん判で押したように「ブレーキ大丈夫なの?」という反応なのである。

こちらも「車何買ったの?」と言われたら「今、世間を騒がしている車です。」と自嘲気味に応えることにしている。すると、「あ、わかった。プリウス!」となるのでもう笑うしかない。プリウスはトヨタの技術の象徴のような車だったのが、危険な車の代表のようなイメージになってしまったのは残念でならない。

トヨタ問題はアメリカでは議会まで乗り出してきて、さらに悪いほうに広がりそうである。ディーラーからの説明によると、私の車は1月製造分でリコール対象ではなかったようである。

納車日の夜、さっそく運転をしてみた。プリウスはご存知のようにハイブリッドカーなのでスタートの仕方は独特で説明を聞かないと動かせない。車から降りるときも今までの車のようにはいかない。まあこの辺は慣れの問題だと思う。

この日は寒かったのでスタートボタンを押すとエンジンもかかった。走りだしてしばらくすると交差点の赤信号で停車したのだが、急にエンジンが止まって車内が静まり返った。もちろんアイドリングストップは知識としては知っていたのだが、これで本当に動くのだろうかとちょっと心配になったのだ。ETCを取り付けて初めてゲートに入るときのような気持ちである。信号が青になり、アクセルを踏むと車は無事にモーターだけで音もなく走り出した。

このモーターからスタートしたときの感覚は独特でプリウスならでは。このときは新しい時代の車に乗っているということが実感できて楽しい。この感覚は何かに似ていると思った。電車の加速である。しかも出足はもっさりとしていて、前の車が軽四でも簡単に置いていかれるのだ。ところがこの車を運転していると、スピードを出したいとは思わなくなるから不思議だ。

問題のブレーキに関してはやはり神経質にならざるを得ないが、どちらかというと効きすぎるぐらいになっている。いわゆるカックンブレーキになりやすく、急に運転が下手になったように感じる。

操縦性は良くも悪くもトヨタ車だ。スタイルや駆動は最新になっているが、操縦性だけは昔のままであると思った。カーブは50キロまでのスピードなら大丈夫だが、それ以上になるとハンドリングがグニャグニャで怖くなる。ハンドルの軸の一部がゴムで出来ているのかと思いたくなるような感覚である。

プリウスは運転を楽しむような車ではないので、まあこんなものと納得している。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年2月12日 (金)

新型プリウス納車

Photo_2ブレーキ問題で世間を騒がしている新型プリウスがもうすぐ我が家にやってきます。2009年6月中旬に契約してから実に8ヶ月近く待ちました。

リコールの件ですが、やはりと言うか私の車も対象になっていました。もちろん対策済みでの納車になります。この問題に関していろいろ調べた結果、自分では納得をしていますが、実際に運転する時はブレーキに必要以上の意識がいくことになるでしょう。

自動車にとって安全であることは何よりも大切なことです。前の車のポロは窓落ちやドアのゴムパッキング不良など、日本車では考えられないようなところの不具合があって嫌になったが、トヨタにおける一連の不具合はアクセルとブレーキという安全に直結する箇所の問題だけに大きな問題となってしまったようです。トヨタは日本を代表する企業ですからこの危機を乗り越えて頑張っていただきたいです。

正直に言って、新車の納車としては最悪のタイミングとなり、喜びも半減となりましたが、大切に乗ってあげようと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

EMS(銀ミラー仕様)レポート

昨夜、これまで使っていた天頂ミラー(ミードUHC仕様)EMS(銀ミラー仕様)を実際の天体で見比べてみました。望遠鏡の口径は40センチ、アイピースはナグラー26ミリで倍率は155倍である。

当日は強烈な寒波が日本列島に流れ込んでいて、ここ播磨自然高原でもときおり雪雲が通過するような天気だったが透明度は良かった。

最初に視野に入れたのはM42。観望記などを読むと、M42は大口径では淡いグリーンやピンク色に見えると書いてある。私はどう頑張っても白黒にしか見えない 。個人差や年齢からくる網膜の老化もあるかもしれないが、この星雲が銀ミラーでどのように見えるかは大変興味があったのだ。

まずはこれまでの天頂ミラーで約30分間観望した。スケッチを取りながら見え方などをメモし、頭の中にイメージを焼き付けるようにした。次に松本式ミラーで同じように時間をかけて星雲をスケッチしていった。

結果はどちらも甲乙付けがたしといったところだった。最後は特徴的な星域を選んで何度も取り替えながら見比べたが、暗い恒星はどちらも切れ味鋭く同じように見えていた。トラペジウム付近のガスのディテールも変わらない印象だった。残念ながら銀ミラーになっても色は感じられなかった。

次に視野に入れた天体はしし座にあるNGC3190付近の銀河群。あのパロマ天体写真集で有名な領域である。このあたりの系外は1113等で、眼視では私の望遠鏡の限界に近い天体になる。時折うす雲が通過していく条件だったので断定的なことは言えないが、松本式ミラーの方が少し大きく見えて(NGC319Photo_703185)、暗い天体(NGC3187)まで確認できた。

特にNGC3187(13.4)は何度もそらし目をしてやっと存在がわかるという系外だったが、松本式ミラーの方だけ確認が出来た。

1回反射の天頂ミラー(99%の反射率を誇るミラー)2回反射のハンディがある松本式を見比べるというのはフェアではないが、私にとってはどちらがより明るく見えるかが大事であった。結果からみると、2回反射を感じさせない明るさが銀ミラーにはあるということが確認できたことは大変うれしいことだった。

もちろん正立のメリットも大きい。確認用の The Night Sky Observer's Guide」で天体の位置がここだと確信できると不思議と見えてくるのだ。

この松本式銀ミラーと出会ったばかりだけど、私の観望の楽しみを広げてくれるような気がしてワクワクしている。

これまでの常識を打ち破って正立ミラーを実用化し、さらには銀ミラー化にまで挑戦された松本さんに心 からの敬意を表したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

マツモト式正立ミラー(銀ミラー仕様)

私はシュミカセの望遠鏡に天頂ミラーを付けて暗い星雲星団を主に観望しているが、視野に見えている天体を写真やスケッチで確認しようPhoto_2とすPhotoると、自分が見ている天体が裏像であることが気になっていた。また星の配置から天体を見つけようとしたとき、裏像ではどこを見ているのかよくわからないときがあるのだ。だからといって天頂ミラーなしでは観望できない。天体を正立で見ることは出来ないのだろうかと思っている中でたどり着いたのがEMSだった。

EMSを販売している松本さんは、鳥取でめがね店を経営されている。天文ファンでもある松本さんが、鏡像への疑問から新しい正立ミラーを考案し、特許を取得されているのだ。Photo_3

実はこのEMSはかなり前から知っていたが、構造上、天体の光を2回反射するための光量ロスが大きい。月・惑星なら問題ないが、私のような暗い天体中心の観望にはあまり向かないのではと思っていたのだ。

ところが、最近になって松本さんのHPで銀ミラーのことを知り、そのデータ結果に大変興味を持ったのだ。

アルミでなくて銀ミラー?最初は銀のスプーンのようにすぐに黒ずんでしまうのではないかと思ったが、そうならないように出来るらしい。そして何よりもデータが示す銀ミラーの反射率の素晴らしさには驚く。

我々はメーカーの数値を鵜呑みにする傾向があるが、アルミの反射率というのはすべての波長に対して高いわけではないようだ。1度反射のアルミ天頂ミラーより2度反射の銀ミラーの方がトータルの反射率が高いという結果になっていたのだ。

こんなにすばらしい反射率なら、どうして他の望遠鏡メーカーはこれまで銀ミラーを使わなかったのだろうかという素朴な疑問が依然として残る。でも、まあ裏像の問題から開放されるだけでも十分だと思ってEMSULの購入を決めた。

注文してから5日目で商品は届いた。商品を確認してみると、かっちりと作られていて品質もよさそうだった。個人が手作りしているレベルではなく、「製品」になっていた。ただし、品質保証書や取扱説明書はない。

すぐに40センチで銀ミラーの効果を確認したかったが、あいにく今は月がある。とりあえず自宅にあるテレビュー76に取り付けて月や火星を観望した。

月を100倍程度で観望すると、ちょうど直線壁が視野に入っていたが、写真のとおりに見えるのが新鮮でうれしかった。こうして正立で天体を見てしまうと、いままで自分が見てきた像は何だったのだろうと思えてくる。いつの間にか、天体望遠鏡ではこういう像だと受け入れてしまっていたようだ。

困ったことはというと、望遠鏡を動かそうとしたとき、正立になっているのに裏像の状態の方向に手が勝手に動いてしまうことだった。長年の習慣とは恐ろしいものである。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2009年12月 9日 (水)

振動

ミードETX105ECは発売されてすぐに購入した。私はこのデザインが好きでアクセサリーのような感覚で机のそばにずっと置いていた。

ここ数年は自宅で月・惑星を中心に観望するようになり、この望遠鏡をまた使うようになった。光学系は価格からすると大変優秀だ。マクストフということもあって月や惑星に向いている。Photo 特に火星は不思議なことに、私の所有する望遠鏡の中で一番良く見えるのだ。火星は接近中といってもまだまだ遠い。そこで今は18ミリの接眼鏡に2.8倍バーローを付けて224倍で見ているが、10センチでも極冠や模様がしっかりと見える。

15センチニュートンは月には抜群の解像力をみせるが、火星の模様はあまりよく見えない。私の持っている接眼鏡では最大倍率が218倍にしかならないので、表面輝度が高い火星では倍率が低すぎるのかもしれない。それともニュートン式のスパイダーがコントラストを下げているのかもしれない。

そんなことで、今はこの望遠鏡で火星を見ることが多くなっているのだが、この望遠鏡の欠点は架台にある。架台に強化プラスチックが使われているので仕方ないが、ちょっと触っただけでぶるぶると大きく震え、足を動かすとまたぶるぶると振動が続く。振動を増幅するなんとも弱い架台なのだ。だからこの望遠鏡で観望するときは息を潜めるような感覚で見るようになってしまう。

先日、夜中に200倍を越える倍率で見ていて別の振動に気付いた。家から約50メートル離れたところにある市道を走っている車の振動である。大型のトラックらしき車が来たときにはかなり大きな振動になり、普通の車が通過しても震えるのがわかるのだ。地面は振動を結構伝えるようである。街中の惑星観測にはシーイングとともに、この小さな振動も模様を見えなくしている原因かもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

小さな望遠鏡の楽しさ

Photo大きな望遠鏡を使っていると、小さな望遠鏡ならではの良さがあることに気付いた。何がいいかというと、ちょっと星を見たいなと思ったらすぐに取り出せる手軽さがいい。しかも、いきなり出しても月や惑星がよく見えるというのは小さな望遠鏡の一番いいところ。これが10センチでは30分、15センチになると1時間は出したままにしておかないと筒内気流の影響でよく見えない。

自宅では7.6センチの屈折望遠鏡に双眼装置を付けて、月を観望するのにはまっている。見ようかなと思ったら、組み立てたままの望遠鏡をベランダに出すだけなので、毎日でも全然苦にならない。少しの晴れ間でも見ようと思うし、23分で片付けてしまうことだってある。軽くて小さいというのも立派な性能だと実感している。

また、小さな望遠鏡のほうが美しいと感じる天体もある。散開星団は大口径では大きく広がりすぎて面白くなくなる。月・惑星も小口径のほうが楽しいかもしれない。大口径で観望してもよく見える日なんてめったにない。

小さな望遠鏡で観望していると、大きな望遠鏡が欲しくなってくる。しかし、出し入れの大変さやシーイングの影響で見る機会は逆に減っていくように思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

昨夜の月面観望

Photo久しぶりの書き込みになってしまいました。

昨日は好天に恵まれ、シーイングもかなり良い日になるだろうとこれまでの経験から判断していた。自宅に帰ると15センチオライオン反射と10センチミードETXをベランダに出しておいた。

食事を終えてすぐにベランダに上がり、試しに15センチ220倍で月を視野に入れ、ピントを合わせると、「オー」と思わず声が出そうなような月面の眺め。シーイングを10段階で8を付けてもいいくらいだ。像がぴたっと張り付いたまま動かない。年間に数日しかないようなシーイングにめぐり合えたのだ。

こんな日はいつも使っている望遠鏡とは思えないような素晴らしい月面を見せてくれる。じっと見つめているとどこまでも細かな地形が見えそうな気がした。

明け方には火星も観望した。火星はまだ7秒台なので、15センチで見てもかすかに白い極冠が見えているような気がする程度だったので、小望遠鏡ではまだまだかなと思った。ついでにと10センチに思い切って200倍を超える倍率で見ると、なんと白い極冠も模様も確認できるではないか。火星はすごく明るいので、口径の20倍を超える倍率にしたほうが良く見えることを改めて確認した。

今晩も昨夜と同じか、それ以上のシーイングが期待できそうだ。月惑星を高倍率で見るチャンスである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

秋のディープスカイ

最近は安価で大口径の望遠鏡が手に入るようになり、さらに増反射コートやイーソスのような高性能接眼鏡、コンピューターによる自動導入などによって、これまで考えられなかった天体を見ることが出来るようになっている。ただし、何時間もかけて光を蓄積できる天体写真と違って、直接肉眼で見る天体の光は、見えるか見えないかといったレベルなので、美しいとか、形がどうというものではない。単なる自己満足の世界である。そんな私の自己満足でしかない秋の天体を紹介する

アンドロメダ大星雲の球状星団G1

有名なアンドロメダ大星雲は、空さえ暗ければ肉眼でも見えている。写真ではGsaisinn大変美しい天体なのだが、望遠鏡では大きくぼんやりとしか見えないので、私はあまり好きではなかった。ところが大口径になると、アンドロメダ大星雲のなかにあるいくつかの巨大な球状星団が見えることをネットで知った。そのひとつがG1。光度は13.7等である。ネットの情報から詳しい位置を星図にプロットしてチャンスの日に備えた。G1

8月24日は秋の高気圧に覆われ、透明度も最高に近い夜になった。その日は仕事を終えたその足でそのまま別荘に向かった。そしてアンドロメダ大星雲が天頂付近にくる頃、40センチをG1に向けた。こういう天体の導入は星図ソフト(ステラナビゲーター)が便利である。パソコンの画面からクリックひとつで導入してくれる。

望遠鏡が向いたところは明るくぼんやりと見えている部分からかなり離れていた。このあたりもまだこの銀河の領域なのだ。アンドロメダ大星雲の巨大さを実感する。接眼鏡をイーソス17に取替え、倍率225倍でG1を確認する。この倍率でも他の恒星とは全く区別が付かなかった。望遠鏡の位置を示す星図ソフトが「非恒星天体」と表示していることで確認できているだけである。ついでに視野の中の星を確認のためにクリックしてみると、他にも3個「非恒星天体」があった。銀河系以外の球状星団が肉眼で見えることにびっくりである。

ステファンの5つ子

この天体も天体写真で有名だ。この「ステファンの五つ子」という呼び名が印象的だったので、天文に興味を持った中学生のときから知っていた。でも、どPhotoの星座にあるとか、ましてやこれが見えるとは知らなかった。これもネットで30センチ以上の望遠鏡なら見えるということで興味を持ったのだ。

調べてみると位置はペガサス座だった。この天体はさすがに暗く、明るい銀河で13.2等、暗いのは14.3等だ。天気や自分の体調などの条件が整わないと難しいように思われた。

当日は慎重を期してすぐ近くのNGC7331を真ん中に導入し、それから目標のステファンに向けた。これで間違いなく視野の真ん中に入っているはずだった。そのあたりを凝視するがしばらくは何も見えない感じだった。それでもそらし目を使いながら見ていると、中心近くに何となくもやもやしたものが見えてきた。そこで、星図ソフトで確認しながら3つまではなんとか同定できた。4つとか5つ確認している方がいるが、私のしょぼい目ではこれが限界だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«イーソス観望